2009年12月17日

臓器つくる遺伝子全容ウェブに=成育医療センター、世界に公開−難病治療に応用期待(時事通信)

臓器つくる遺伝子全容ウェブに=成育医療センター、世界に公開−難病治療に応用期待(時事通信)

 体中の臓器や組織を形成する遺伝子群の働きが画像で見えるデータベースの構築に、国立成育医療センターの浅原弘嗣部長らの研究グループが成功し、ウェブ上で公開した。これを基に、筋肉や心臓、脳などそれぞれの臓器をつくる遺伝子群を知ることができ、難病の治療法開発などが期待できるという。研究成果は15日、発生・再生分野の米科学誌「デベロップメンタル・セル」に発表した。
 研究グループは、体をつくる遺伝子プログラムが人とマウスで非常によく似ていることに着目。マウスの胎児を実験に用いて、プログラムの中核となる遺伝子約1600個の動きを見えるようにする手法を開発した。
 データベースには、約2万5000の画像を収録。臓器形成にかかわる遺伝子はこれまで別々に研究されてきており、全体を網羅するものは初めて。浅原部長は「最終の答えにたどり着いた。研究費用と時間の大幅な節減が可能となり、あらゆる病気の研究が飛躍的に進む」としている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
肉のうま味が分からない?=「主食は竹」の一因か
ハエも酒に飲まれる=実験で確認・米大学
タイ付近から北上、東進か=数万年前のアジア人類移動
クマムシのゲノム解読=固有遺伝子多数、乾燥耐性解明へ

アフリカーンス語ってどうよ?
金持ち父さん
2ショットチャット
クレジットカード現金化 即日
クレジットカード現金化
posted by Twining at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。