2010年01月12日

日航株がストップ安売り気配=上場廃止、100%減資濃厚で(時事通信)

 週明け12日の東京株式市場では、経営再建中の日本航空株に大量の売り注文が殺到。午前9時25分には、1日の値幅制限としては下限となる前週末比30円安の37円のストップ安特別売り気配まで下落した。売り株数は5億6300万株となる一方、買い株数はわずか800万株で、取引時間中に売買が成立する可能性は極めて低い状況だ。
 日航株をめぐっては、再建支援する企業再生支援機構が株主責任を問う形での上場廃止が濃厚で、さらに100%減資により既存の株式が紙くずになる可能性が浮上したため、売りを浴びている。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
〔マーケット情報〕株と為替の最新市況
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
【特集】軍用機ミュージアム

まさとのブログ
てつおのブログ
出会いランキング
ネイルサロン
自己破産
posted by Twining at 14:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お土産乗せUターン渋滞 東北道(河北新報)

 年末年始を古里などで過ごした人たちのUターンラッシュが3日、ピークを迎えた。東北から東京方面に向かう新幹線は午後、乗車率が軒並み100%を超え、自動料金収受システム(ETC)の「1000円乗り放題」が適用された高速道路でも渋滞が発生した。

 東北、山形、秋田の各新幹線は上りの指定席が終日、満席の状態で、自由席は昼すぎに混雑が始まった。

 JR東日本仙台支社によると、曜日配列の悪さや不景気、ETC割引の影響で混雑は例年より少なめだったというが、午後1時10分盛岡発東京行き「やまびこ56号」は自由席の乗車率が仙台で160%を記録。新庄発東京行きのつばさ2本も山形で150%に達した。

 JR仙台駅では、旅行バッグやお土産を抱えた家族連れがホームに長い列を作った。仙台市の祖父母宅で正月を過ごした東京都武蔵村山市の保育園児狐崎明花(さやか)ちゃん(5)は「お年玉でジュースやお菓子を買いたい」と笑顔を見せた。

 東北自動車道は上り線が夕方に混雑のピークを迎え、午後5時半には古川インターチェンジを先頭に9キロ、福島トンネル付近でも午後4時に3キロの渋滞が起きた。

 仙台空港発着の国内便も込み合い、札幌や大阪からの到着便を中心に満席となった。


d28eu1dwのブログ
万里の頂上
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 還元率
posted by Twining at 11:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。